お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
特許出願のご相談・ご依頼はこちら。24時間受付中

商標登録の代理件数が年間1800件以上と、3年連続で全国トップでありながら、16,800円と業界で最も良心的な価格設定を実現できている理由。

みなとみらい特許事務所が
選ばれる3つの理由

1. 質の高い無料相談

2. 弁理士と特許技術者のチームによるサポート

3. 高い特許査定率

1.質の高い無料相談

みなとみらい特許事務所では、無料でご相談が可能です。
まずはお電話・メールにて、お気軽にお問い合わせください。

無料相談の段階から、技術内容とその効果について検討を行い、どのような方針で出願を行えば特許査定が得られるか思索いたします。また、登録の可能性を高める気づきやアイデアがあれば、積極的にご提案いたします。

このような中で、「発明の本質はどこにあるか、どの範囲であれば特許が取得できるか」、を全力で考え抜くことで、高い特許査定率が実現しています。

 

 

2.弁理士と特許技術者のチームによるサポート

みなとみらい特許事務所では、弁理士と、特許技術者のチームでお客様をサポートします。
各種技術分野に対応可能なスタッフが常駐していますので、無料のご相談をいただければ、お客様の特許に関する疑問、不安を解消いたします。
代表的な出願実績は、以下の通りです。もちろん、それ以外の技術分野についてもお気軽にお問合せください。

対応技術分野

化学・バイオテクノロジー

化学実験試薬,化粧品,遺伝子関連技術,PCR関連技術,免疫測定技術,細胞培養技術,スクリーニング方法,質量分析,有機合成,測定・定量方法等

医療

医薬品,医療機器,医療画像診断装置,医療用器具,DDS(ドラッグデリバリーシステム)等

食品

食品製造技術,食品組成物,機能性食品(サプリメント)等

材料

機能性材料,機械材料,電子材料,樹脂材料,塗料,触媒,高分子材料,ナノ材料 ソフトマテリアル,メタマテリアル等

建築土木

プラント,ビル,住宅,建築構造物一般,橋梁,トンネル,道路,鉄道,防波堤,インフラ構造物,維持管理等

日用品

生活用品,傘,鞄,包装容器,便利グッズ,照明,自転車,トイレタリー用品,オーラルケア用品等

ソフトウェア一般

データベース設計,AI技術(機械学習等),UI/UX設計,仮想環境(クラウド等),暗号化技術,データ前処理,アルゴリズム全般,セキュリティ,データマイニング,ブロックチェーン等

アプリケーション

データ分析,RPAツール,生体認証,自然言語処理,画像処理,計算機シミュレーション,コンピュータグラフィックス,インタラクティブメディア(ゲーム等),ソフトウェアウォレット等

ビジネスモデル

ECプラットフォーム,業務管理(働き方改革等),エコシステム,シェアリング,マッチング,ファイナンス,ヘルスケア,コンテンツディストリビューション,マーケティング(広告モデル等),物流管理,等

ハードウェア一般

コンピュータ機器,センシングデバイス,IoT/M2Mエンドポイント,ウェアラブルデバイス,AR/MRプラットフォーム等

エレクトロニクス

半導体デバイス,半導体プロセス,MEMS,回路設計,二次電池(バッテリー),環境発電技術(太陽光等),ロボット(ドローン等)等

機械

<一般機械>建設機械,農業機械,ボイラー・原動機,検査機械,射出成型機,工作機械,各種産業機械,事務機械等
<電気機械>発電機,民生用電気機器,通信機械,電子応用装置,電気計測器,医療機器,半導体製造装置等
<輸送用機械>自動車,自動二輪車,鉄道車両,船舶,航空機等
<精密機械>光学機械,時計,精密測定器等

技術をしっかりと理解できるバックグラウンドをもった技術者が、お客様の発明を深く洞察し、権利化できるポイントを見出していきます。
そして弁理士を交えて、法律的な観点やお客様の事業上の意味に考慮して、このポイントを的確に表現します。この総合力が、高い特許査定率を支えているのです。
チームのご紹介についてはこちら>

3.高い特許査定率

みなとみらい特許事務所の査定率を公開します。

 

2016-2017年の特許査定率※は88%でした。
中間対応を行わずに放棄したものを除外すれば、登録査定率※は90%以上です。

※対象期間に出願した特許出願の(特許査定件数)/((特許査定件数)+(拒絶査定件数))

お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
特許出願のご相談・ご依頼はこちら。24時間受付中

求めるのはお客様の満足

 

私たちのお客様の9割は中小企業・ベンチャー企業です。

 

中小企業・ベンチャー企業にとっては1件の特許を出願するにも
決して安い費用とはいえないですし、命のようなものです。

 

既にある技術と少しでも違いがあって、その違いが意味のあるものであれば
何が何でも特許権を取得して、商売に役立てたいと考えるのが当然です。
私たちは、特許査定が発行されて初めてお客様が満足する、ということを忘れません。

 

お客様の大半が中小企業・ベンチャー企業だからこそ、プロフェッショナル全員がこの精神で仕事をしています。

シンプルで明快な料金体系

 

お客様からのヒアリングをさせていただき、お客様の事業のステージ、特許取得の目的に応じて出願戦略をご提案し、見積もりをいたします。 出願のご依頼の際には、発生し得る費用についてご確認をいただきご了承をいただきますので、ご安心ください。  まずはお気軽にご相談と見積りをご依頼ください。

 

以下に、標準的費用(通常のボリュームの出願に係る費用)を記載いたします。  これまでご依頼いただいている案件の8割は標準的費用となっております。

 

お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
特許出願のご相談・ご依頼はこちら。24時間受付中

よくある質問と回答

相談から特許取得までの総額はいくらでしょうか?
中間対応が1回も発生しない場合(ストレート)約60万円程度、
中間対応が1回発生する場合(8割の出願がこの範囲です)約70万円程度です。
※これら金額には審査請求費用が含まれます
特許取得のメリットを教えてください。
・模倣、類似を防ぐ
・競合を牽制して有利にビジネスを進めることができる
・投資や融資を得ることに役立つ
・取引の信頼性が上がる
・大企業との取引で優位に立てる


など、ビジネスを有利に展開するのに役立ちます。
特にスタートアップ・ベンチャー企業の場合は特許特許以外に可視化できる財産がないため、
取引相手はまず特許に注目し、ベンチャー企業の可能性・信頼性を評価します。
どの部分が特許になるポイントなのかわかりません。
いろいろなポイントがあるように思いますが、ひとつの特許でいいのでしょうか。
通常、ひとつの開発実績には、複数の特許となるポイントが含まれています。
理想的にはそれぞれのポイントについて複数の特許を取るべきですが、
予算が限られている中小企業、ベンチャー企業に対しては、
最も重要なポイントを中心とした特許をまず一つ出願することを提案しています。


事業の収益性の見込みが立ったときに、
他のポイントを切り離して特許化していくことができるよう、戦略的に考えます。
できるだけ早くに特許を取得したいと思っています。
早期審査を利用することで、最初の審査結果の通知までの期間(通常は9~10か月)を、
平均2~3か月に短縮することができます。
外国出願には対応していますでしょうか。
国際特許出願(PCT)、米国、欧州、中国、韓国、東南アジア各国への直接出願など、
各国の代理人とのネットワークを生かし、世界各国への特許出願に対応できます。

打ち合わせの際に、将来的な外国展開についてご相談ください。
現在は個人事業主です。対応はしてもらえますか?
もちろんです。個人事業主の方でも特許出願を行うことができます。
また、会社設立後に特許出願を会社名義へ変更することも可能です。
遠方なのですが対応は可能ですか?
直接の打ち合わせではなくても、電話、メール、ウェブ会議で特許出願のご相談が可能です。
お問い合わせから出願までの流れを教えてください。
こちらのフォームからお問い合わせを頂きましたら、打ち合わせの日程を調整いたします(無料)。
事前に発明の概要がわかる資料をお送りいただくことで、有効な打ち合わせが可能となります。

打ち合わせの内容を踏まえ、見積とスケジュールについてご了承頂いた後、契約を行い、先行技術調査、特許出願の原稿の作成を行います。 なお、正式な依頼となるか否かにかかわらず、いただいたすべての資料や情報は守秘義務の基、厳重に取り扱いますので、ご安心ください。
自社の特許が他社の特許に抵触していないか心配です。
打ち合わせの際に特に注意する必要がある競合他社があれば、お知らせください。
先行技術調査、出願作業の中で検知した他社特許については、逐次お知らせします。 侵害調査を綿密に行うには別途、一定の費用がかかります。侵害調査についても費用対効果を考慮したアドバイスをいたします。
貴社が安心してビジネスを進めていけるよう支援いたします。

 

 

 

お客様に費用を確認いただいた上で、正式に出願のお申込みを頂きます。まずはお気軽にお申し込みください。
特許出願のご相談・ご依頼はこちら。24時間受付中